MAYAのゴミ箱

ゴミ箱・・・もとい、MAYAの日常に関するあれやこれやを書き捨てるブログです。

靴と革製品が大好き!主にgentenなどを集めています。お金の使い方改革実施中!

久しぶりの更新です。記憶が新しいうちに
備忘録として中型8t限定解除の記録を残して
おくこととしました。



そもそも限定解除をしようと思ったきっかけは・・・



昨年から今年にかけて、家の近くで大規模な土木工事が
始まりました。最初は、工事なんて嫌だな、日々の
通勤ルートも迂回しなくちゃならないし、音とかも
うるさいだろうしほんと嫌だって思っていました。


そんな、嫌なはずの土木工事ですが、始まってみると
意外にも面白いことがわかり、週末のたびに工事の
進捗具合を見るのが楽しみになっていました。


何より、その土木工事を見ていて気付いたのは、
色んな種類の建設機械が面白いように動き回っていて、
それを動かす人たちがイキイキ楽しそうに乗ってる
ようにみえて、とてつもなく羨ましく思ったのです。


現場で働いている人たちは毎日、作業をして、確実に何かを
作り上げていて、私たちの暮らしの安全を守るために汗をかいて
現場作業を続けていました。


ダンプカーの荷台にたくさんの土を載せて現場に荷下ろしする人。
その運ばれた土を大きなバケットのついたショベルカーで別の
場所に移動させる人。その移動した土を丁寧に地ならしして、
ホイールローダーで地固めする人、その周りに杭のようなものを
打ち込むため、クレーン車で打設する人。


その建設機械は大きなものから、人一人が座れるごく小さなものまで
大小様々あちこちで活躍していて、あぁ、私はここにある建設機械
(ホイールローダーとか、ショベルカーとか、クレーン車とか)の
一番小さいのでさえ、動かすことができない人間なのだな、と思った瞬間、
私ってなんて無能な人間なんだろうと思ったほどでした。


今の職場・職種は確かに世間から見たら恵まれているのだとは
思いますが、自分はとにかく遣り甲斐を見いだせないうえに、
毎日何か手を加えて、何かが出来上がっていく、というような
物理的な成果が見えないので、正直もううんざりしているのが現状です。
こういう燻り続けている自分のような人間が、建設現場でイキイキ
働いている人たちを見ているととにかく羨ましくてしょうがない!


私は何かのプロフェッショナルではないので、こういう技能を要する
仕事に漠然とした憧れを抱いているのかもしれません。そんなことに
気づいたアラフォーの私は、40歳を過ぎたころから人生というのは
20~30代に感じていたほどには、長くはないのだということを
幾たびも感じることがあり、今以上に若い日は来ないのだから、
技能でできることを増やすには今しかないと思うようになりました。


そして、、いろいろ調べてみて、まずは一番身近そうな?
中型一種運転免許を取ってみようと思ったのが、今年の3月も
末のことでした。技能系の免許なんて、21歳の大型二輪免許以来
全くの無縁でした。


さて、アラフォーこどおばの小さなチャレンジは続きます。
まずは車校だ。自分のような運動機能も若い人よりは確実に衰えている
40過ぎのおばさんが、果たして中型免許など取れるものだろうか?
そんな不安を抱きながら自宅から少し離れた某教習所に出向いたのが
4月のあたま。


受付の付近をキョロキョロしても、おじさんはそれなりにいるけど
自分みたいなオバサン、教習生ではどこにも見当たらない!!
やべぇ、場違いか!?などと思いつつ、4月頭といえば、3月から
教習を始めた学生さんが4月に入っても教習するのは至って自然な
ことであり、実際自分も普通車の教習は3月から始めたものの技能教習の
予約がなかなか取れずに5月末での免許取得になったことを思えば、
若い子だらけなことはむしろ当然じゃないかと思い直しました。


で、キョロってる私に受付の女性が「入校希望ですか?」と声が
かかりました。

私: 「あ、いや、、ちょっとお聞きしたいことがあって、私みたいな年齢で
    トラックとか一度も乗ったことがなくても中型免許って取れるんですか?」
受付:「じゃあ、まずはこちらにお掛けください。」

といって、入校手続きではなく相談コーナーに様変わりをしたのでした。

受付:「今は免許証はお持ちですか?ちょっと拝見させてください。
    ご希望の免許は中型一種でいいんですよね?」

私: 「はい」

受付:「中型の8t限定をお持ちなんですね、この場合は限定解除の
    審査になりますので、最短だと5時間+卒業検定で取得できますよ」
私: 「えっ、たった5時間ですか!?そんな少ない時間で!?」
受付:「最短で5時間なので、5時間以上乗る場合もあるので、教習次第ですね」
私: 「・・・5時間ですか、、あと、視力検査があるそうですが」
受付:「深視力といいまして、ちょっとやってみますか?」


この後、視力検査とその、深視力検査を受けて、打ちのめされる結果と
なったのでした。


裸眼で視力検査するも、近視&乱視が進んだのか、Cの文字が見づらい見づらい。
普通車であれば問題ないのに、限定解除となると視力が規定に満たないことが
わかりました。

深視力もやってみましたが、そもそも棒が揃うところどころか全体に見づらい。
これも規定に満たないことがわかり、裸眼では太刀打ちできない結果となったのです。

その時、度付きのカラーサングラスを持っていたので、試しにカラーサングラスを
かけてやってみていいですか?といい、実際に検査をしてみたら、視力検査も
見える見える!深視力も誤差1.5cm以内ですんなりOK。


受付:「カラーサングラスでは教習をできないので、眼鏡を作っていただく
    ようですね・・・」

私: 「わかりました(TT)」


そうして、裸眼では中型限定解除なるものにトライすることすらできないと
わかり、その足でJINSに眼鏡を作りに出かけたのでした。




で、無事に眼鏡を作り、視力検査に再び挑んだところ、視力検査も深視力検査も
見える見えるw 無事に通過することができてめでたく入校手続きを終える
ことができたのでした。


つづく

私は今アラフォーですので、
同じアラフォーの女性の方のブログウォッチングを
してみました。日々の暮らしを綴られているブログが
多く、自分にとってとても参考になる内容でした。


アラフォーともなると、私を含め人生の歩み方に
個人差がはっきり出てくるもので、それがまた色々な
多様性があって良い時代だと思っています。


私の場合は実家暮らしのこどおばなので多分、なかなかに
甘ったれた暮らしをしていると、世間からは見られる
だろうと思います。確かにその通りで、随分甘ったれた
暮らしをしているものだと、自分でも自覚がありまして。


で、アラフォー女性の暮らしを垣間見て、私は次なる
目標が必要だと感じました。お金の使い方改革は
今でもやっていますけど、もうちょっと負荷をかけた
暮らしをしたほうがいいな、ということです。


運よくコロナ禍で失業減収することなく現時点では
生きていられてますが、衰退していく日本にあわせて
暮らしを小さく、なるべくコストのかからないような
暮らしのダウンサイズをより一層進めねばと思うわけです。


お金の使い方改革を継続してもやはりそこに一種の甘えが
でてくるもので、昔よりはだいぶモノを買わなくなり
ましたけど、ヘンに気持ちに余裕がでてしまい、いざと
なれば失業しても数年なら暮らせる貯えができたとか
結構危険な思考を持つようになり、働く意欲というのが
ぼんやりしつつあるわけです。


なんというか、自分のことなのに自分じゃない、自分の
ことを他人のように見てしまうというのかな。そんな
感じで仕事に身が入らない状態? 私がやりたいのは
こんな仕事じゃない!とか、こんな状態でずっと働き
続けるのか??とか、アルバイト生活をしたい!とか、
なんだかもう本当に何なの私は!?という状態になっています。


まぁ、要はFIREへの憧れ。できるわけないのに
FIREしたいんです。今FIREしたら数年で貯金が
底をつくわよ。年金支給までなんて到底持たない、吹けば
飛ぶような貯えで何を言ってるんだおまえは!?なんです。


中年モラトリアムというか、ミッドライフクライシスとか
そういう類のものをかれこれ4年ほど引きずってるんです。
で、切り離すことができないでいるので苦しいわけです。


そんな感じなので、本当ならばいったん人生の小休止を
して、心身をきちんと整えて再出発できれば多分それが
一番いい解決方法なのだろうと思いますが、そうもいかない
現実があるので、やはりここは暮らしのダウンサイズを
もう少し負荷をかけなくてはならないと思うのです。


同じアラフォーでもハタから見て十分FIREできるんじゃね?
って人もいれば、明日食べるのも苦しんでいる人もいる。
既婚で家族仲良しもいれば離婚経験者で苦しんでいる人もいる。
独身で満足している人もいれば独身を悲観している人もいる。
豊かな暮らしぶりを垣間見れるようなお金持ちの人もいれば
心配してしまうほど質素な暮らしに耐えている人もいる。


いろんなアラフォーがいる。そんな色んなアラフォーのうちの
一人が、私だ。さぁ、私の次の目標は。

「今の半分の手取り月収で暮らしを整える」



というわけで、月収の半分は無かったものとして
生きていこう。上手くいったらさらにその半分で。。


 秋も深まる11月のある夜のこと

    コンビニからの帰り道

 近くの公園の横を通りかかると

 背の高い、形の良い木々が

 その存在感を主張するかのように

 だけど静かに佇んでいることに気づきました


 葉の色を赤や茶色、黄色に染めた木々が

 ぼんやりと薄明るい街灯に照らされて

 歩を進めると少しづつ違う表情を見せるのです




 その木々の名を欅といいます




 その中でもひときわ目を惹く美しい樹形をした

 1本の欅の木が私の目の前に現れました



 樹高は20mはあるでしょうか 1本の太い幹から

 放射状に延びた枝の先には黄色い木の葉が

 まるでその手を今か今かと振り解かんばかりに

 風の中を踊っているようでした




 時折頬を撫でるひんやり涼しいやわらかな風が

 そこにある葉をついには落としてしまうのではないかと

 心配にも似た心境で じっと眺めていました 



 その欅の木の下に足を運び、ふと上を見あげると

 風がふわりと踊りはじめ 黄色い木の葉が私の上に

 ひらりひらりと舞い降りてきたのです



 木の葉の散り際の何と美しく儚いことでしょう

 私はその光景をとても美しいと思いました

 

 肌寒い早春の頃には 枝先から小さな葉がほころびをみせ

 寒さ和らぐ春の頃には 細かな無数の葉が重なりあい

 春真っ盛りの頃には 青々とした新しい葉を揺らし

 暑さを感じる初夏の頃には 伸びやかに青葉を巡らせ

 梅雨の頃には じっと雨にぬれて

 梅雨明け盛夏の頃には 力強い濃緑の葉を茂らせ

 暑さ和らぐ晩夏の頃には ツクツクボウシと戯れ

 涼しさ感じる初秋の頃には 少し疲れた表情を見せ

 深まる秋の頃には ゆっくりと赤や黄色に色づいて

 寒さを感じる晩秋の頃には ひらひらとその葉を落とし

 寒さも深まる初冬の頃には 枝に少しの葉を残すばかり

 身震いのする冬の頃には すっかり葉はなくなり

 身を切る寒さの厳冬の頃には じっと寒さを耐え忍ぶ



 枯れゆく葉を 朽ちていく葉を 私は美しいと思いました

 枯れる前に美しく色づく葉は とても美しいものです

 本当に 美しいものです

 

久しぶりの更新です。


先の記事で小銭貯金中止と書いた通り、
貯金箱に小銭を貯めるスタイルを中止しました。

なので箱が使われずに手元にあって、結果的には
非常に勿体ないお金の使い方になってしまいました。
でも、後悔はしていなくて、小銭については
なるべく出さないようにキャッシュレス利用、
もしくは出たら必要な時に優先して使うなどするように
なりました。


何となく物足りなさを感じるけどしょうがないですね、
これも時代の流れです。。


で、2017年の秋から始めたお金の使い方改革も
今年でまる4年になろうかというところでして、
今年に入ったころからは自分のモノを買うばかりという
使い方から、自分のモノが減って家族共用できるモノを
買うようになりました。

例えば、洗濯洗剤、柔軟剤、トイレ洗剤、床掃除シート
など。
ふるさと納税ではお米とトイレットペーパーは毎年で、
今年はクレラップ2種を追加しました。


今までも特段買ってなかったわけではないのですが、
家族で使えるモノを買おうと思うようになったという
気持ちの変化がありました。とはいえ、うちには
買い物大好きなカカアがいるのであまり買いそろえすぎて
しまうと楽しみを奪ってしまうので、重いものを
ドカンとまとめ買いする感じ。


買い物に付き添って出かけても、ほとんど欲しいモノが
なくて、何も買わないで帰ってくることもしょっちゅうで、
買うことがあっても、買うのは食べ物くらい。


自分でも信じられないくらい、また家族にも言われるほど
「モノを買わなくなった」私。物欲が無いって、
こんなにも快適なんだなというのが感想です。とはいえ、
それに伴い新たな問題もあって、私が過去、これほどに
モノを買っていたのは欲しいという気持ちの裏には
ストレス発散という側面があったんだな、と思うこと。
ストレス発散があまりできてないんですよね。。


今思うと随分と無駄遣いをしたよなって思うけど、
そのことがあったから、今は暮らしをスリムにしたいと
新たな目標ができました。断捨離すると物欲がなくなると
ネットのそこかしこで見かけるけど本当だった。


今はお陰様で十分すぎるほどの収入を得ることができて
いますが、この先どうなるかわからないので、今の
収入の1/4で暮らせたらいいなと考えているところです。


私の密かな楽しみである、小銭貯金。
普段よりゆうちょ銀行に入金していますが、
非常に残念なことに来年の1月から小銭の
入金に手数料がかかることになってしまいました。


いよいよ、ゆうちょ銀行も有料化の波が・・・
今みたいな小銭の入金スタイルだと、完全に
手数料がかかってしまうので、手数料を
払ってまでやる意義がなくなってしまうことに
なりました。


惜しい気持ちはありますが、これも時代の波で
いたしかたありません。なので、来年の1月を
待たずに小銭貯金を中止してしまおうかと
考えています。7月分は継続してしまっているので
中止するとしたら8月からかなー。


せっかく貯金箱揃えて頑張っていたけど、
年末までは大丈夫なのだから継続してもいいはず
なんだけど、こういう予告見ちゃうと気持ちが
萎えてしまってダメね。密かなお愉しみは終わりです。


これを機にほぼキャッシュレス化してしまおうか?
でも現金ないと買えないもの、ところもあるしで、
これまた悩ましい。私のキャッシュレスの主軸は
クレジットカードのみ。車通勤だとsuicaいらんし
iDは解約しちゃたし、スマホ決済はなんか
趣味じゃないし、デビットカードも嫌い。


こうして汎用性の高い現金て最高だなと改めて
関心するわけですが、なんだかんだでクレカに
落ち着くんだろうなと思います。

先の記事では5月分、そして6月分を今回
口座に入れていたのを備忘録してなかったぞ、と
いうわけで記録に残します。


まずはお札貯金。30,000円でした。
ちょっとサボってしまったかな。。
DSC08788




お次はだるま貯金箱。10,300円でした。
DSC08789


次は金色の貯金箱。18,500円でした。
DSC08791


そして賽銭貯金箱。6,007円でした。
DSC08792



お札貯金は別の口座に、他はいつも通り口座へin!
DSC08795



コツコツ頑張っていますが頑張り方にムラが・・・

5月末で締めた小銭貯金、写真には撮ってありましたが
ここに備忘録するの忘れていたのでアップします。


まずは賽銭貯金箱5月分。7,862円でした。
DSC08762


次はだるま貯金箱5月分。8,350円でした。
DSC08761

次は金貯金箱5月分。17,300円でした。

DSC08760



そして最後にお札貯金5月分。43,000円。

DSC08758
結構頑張ったかな。


そしてこれらを口座にin。
DSC08781
DSC08782


投稿がおそくなりましたが、6月も頑張っています。
ルーティンにさえできれば当たり前にできるように
なるものですね。

この春に私の大嫌いな人事異動があり、
働く場所が変わったので、エネルギーをそっちに
費やして疲労困憊という状況が続いていました。


私はつくづく、自分という人間は環境の変化に
弱いなーと思い知る日々。仕事の中身はそれまでと
何も変わらないのだけど、「進め方」が
その場所場所によって異なるので、それに慣れる
ことが苦痛です。


スロースターターなのよ、私はさ。6月に入って、
ようやく自分のペースが戻ってきたというか、
慣れてきたというか、、だけどまだ完全じゃなくて、
不活性状態を引きずってる感じ。眠いし疲れるし
仕事やりたくないよーーー会社辞めたいよーーー!!



というのが私の平日で、休日のうち1日は
寺社仏閣巡りに情熱を注いでいました。というか
注ぎ続けていまして。今日は仏閣、昨日は仏閣と神社。
疲れてるんだから家でじっとしてればいいのに、
その我慢ができずに家族連れて車を走らせ参拝三昧。。
 

特段のお願い事などなくて、ただただひたすら参拝の
ご挨拶だけ、、、惹かれるお守りとかがあれば購入し、
持ち帰って部屋の神棚やお守りスペースに納めて
という日常を過ごしています。。


昨日は芝大神宮で強運守りをいただいてきました。
私のこの鬱屈した平日の毎日を吹き飛ばしてくれれば
いいなと自分勝手に妄想するけど、そのような願掛けは
してきませんでした。


2017年の秋から始めたお金の使い方改革が成功し、
今や物欲も収まり幸せとは何なのかと問われれば
日々の心配や不安、不満の少ない、落ち着いて安定した
穏やかで心地よい暮らしができることだと答えられる
くらいまで成長?することができました。


そしてこれからは苦手な本を読んだり歴史に触れたり
したいな。。随分、回り道しちゃったし、周回遅れに
なっちゃったけどより文化的な暮らしをしたいな。
物質的な文化じゃなくて精神的な文化。


まだまだ道のりは長い・・・のかな?



先月同様、今月も小銭貯金を口座へ入れました。

以前に比べてネットショッピングの頻度が
各段に少なくなりました。お金の使い方改革が
功を奏しています!

さてまずは金の貯金箱から。16,630円でした。
DSC08690


次はだるま貯金箱。9,800円でした。
DSC08692


お次は賽銭貯金箱。7,726円でした。
DSC08693


そして小銭ではないけどお札貯金は34,000円でした。
DSC08689

口座へin!
DSC08702



4月も自分的には頑張ったと思うなぁ。

めっきりこのブログに記録しなくなってしまった
小銭貯金シリーズですが、、、貯金自体はモリモリ
捗っておりまして。成果を公開しましょう。


まずは、金の箱の小銭貯金2月分14,000円でした。

DSC08136

お次はだるま貯金箱2月分。8,280円でした。
DSC08137

お次はお賽銭貯金箱2月分。6,223円でした。

DSC08138

そしてお札貯金箱2月分。33,000円でした。

DSC08140



そして今度は金の箱の貯金箱3月分。19,689円でした。

DSC08555

お次はだるま貯金箱3月分。8,992円でした。

DSC08557

お次はお賽銭貯金箱3月分。7,269円でした。

DSC08559

そして最後にお札貯金箱の3月分。35,000円でした。

DSC08558


それらを口座へin。


DSC08567

DSC08568

DSC08569

DSC08570


結構、頑張ったかな?

このページのトップヘ