MAYAのゴミ箱

ゴミ箱・・・もとい、MAYAの日常に関するあれやこれやを書き捨てるブログです。

2009年03月

とあるアパートでクレームがあり、その内容に管理会社の人も
私もビックリしてしまいました。それと同時に人間の身勝手さを
垣間見ることになりました。

そのクレームというのは、アパートの住人で、「同じ建物の
○○○号室の人が猫を飼っているらしく、すごく臭いにおいが
するので何とかしてほしい」というものでした。ペット禁止の
アパートで猫を飼っているという程度のクレームはまぁ、
それほど数はないにしてもありうる話だろうことは察しがつく
のですが、どうもそれだけではないようです。

その問題の住人に管理会社の人が注意をするべく電話をした
ところ、なんと9匹もの猫が2DKのアパートで飼われて
いるというのです。放し飼いでメス猫が2回出産をしてしまい、
親猫含めて9匹になってしまったのだと。

で、ペット禁止のアパートで9匹の猫を飼っていることだけ
でも驚きなのに、なんとその飼い主、クレームを受けて
9匹の猫を「管理会社で処分してほしい」と、ありえない
要求をしてきたというのです!

この飼い主は猫に避妊手術を施さずに好き勝手産ませて
(避妊することの賛否はあるけど)おいて、飼えなくなり
自ら動いて誰か猫を飼える人を見つける努力もせず、
その責任すべてを放棄して、管理会社に押し付けるまさに
ウルトラDQNな人間なのです。

そしてこの住人は家賃を滞納していたそうで、猫を処分する
のに、1匹2,000円×9匹の合計18,000円が払えないのだと
いうのです。自分の生活も危ういというわけです。ちなみに
この住人は62歳だとか。

そして管理会社の人はしかたなく、猫を保健所で処分して
もらおうことを決め、その猫を引き取りに行ってみると、
部屋の中が凄まじいことになっていたそうです。猫はつめを
とぐ動物ですから、柱が3分の2くらいまで削られてしまって
いたようでした。もちろん壁紙もめちゃくちゃ。

それよりも可哀想なのは9匹の猫たちです。そのうち5匹は
今年生まれたばかりの想定1ヶ月くらいの茶トラの赤ちゃん
でした。処分に行く途中で管理会社の人に寄ってもらい、
見せてもらいました。大人の猫が4匹、そのうち母猫は出産
して間もないせいか近づくとフーシャー威嚇されました。そりゃ
無理からぬ話です。チビ猫5匹は母猫から離されていたので、
母猫は心配そうでした。

チビ猫たちがピーピー鳴き声をあげて母猫を呼ぶと、それを
聞いた母猫がいたたまれないのでしょう、それに応えて
ニャーニャー鳴くのです。管理会社の人は運ぶ途中可哀想で
仕方なかったそうです。

9匹すべて助けてあげたいけど、やはり現実は難しいでしょう
せめて5匹のチビ猫だけでも貰い手がないかとチビ猫だけ
おろしてもらい、とりあえず屋内に運びました。キトンブルーの
まだ抜けない可愛らしい日本猫。うちにはすでに3匹いるので
これ以上増やせない(スペースの問題で。。もっと広い家なら
引き取りますよ!)ので他の同僚にあたってみたところ、
2匹引き取れる人と、3匹引き取れる人が見つかりました。

5匹の命は何とか助かりましたが、母猫と3匹の成猫は残念
ながら、本日、動物センターで処分され、虹の橋へと旅立ち
ました。人間の身勝手な行為により強制的に命を絶たれたのです。
炭酸ガスによる窒息死を余儀なくされたのです。

私はこの件にかかわり、命の選別をしてしまいました。すごく
罪悪感を覚えます。子猫なら貰い手があるだろう・・・そんな
理由で、体が大きくなってしまったというだけで保健所行き。。
悔しいです。助けてあげられなかった。

本来この悔しさと悲しさと無力感を責任もって受け止めるべきは
飼い主自身ではないのか。そもそもペット禁止アパートで契約
違反を犯してでも猫を飼うというのなら、完全室内飼いに徹して
避妊手術を施すべきではなかったのか。そして最後までその猫の
命に責任を全うすべきではなかったのか。

62歳の老人だからといって、このことが許されるとでもいう
のか?飼えなくなったというのなら、処分するしかないという
のなら、自らセンターに問い合わせをして処分の依頼をするべき
ではないのか?そういう判断をせず、全ての責任から逃げたこの
飼い主には相応の「処分」が下されてもいいはずだ。

私は本当なら命を「処分」するなんて言葉を使いたくはないです。
でも処分という言葉を使いました。全て人間の身勝手が引き起こ
した、悲しい現実がここにあります。

5匹のチビ猫が、母猫たちの分まで幸せになれますように。
悲しい運命をたどる猫たちが1匹でも減りますように。
私は家にいる3匹のかわいくってしょうがないニャンコどもをめいっぱい
かわいがりました。

衣替えを少しずつはじめています。冬物アウターの処理と、
冬用のブーツの処理と、冬の小物類などなど。

ニット帽とストール、マフラーを洗濯し、巻物は圧縮袋に
入れて巻物類の収納箱にしまいました。冬の巻物は何色か
もってますが、白黒千鳥以外はすべて単色柄なしに気づき
ました。春向きのはすべて柄物ばかりなのに。

ニット帽は帽子専用収納箱にしまいました。また来年。
手袋の処理もしないといけない。ひとまずつけ置き洗い?
ブーツ類は革モノはブーツBOXに収納してあるので特に
何もしてないので、こまめに戸を開けて換気するとして。
合成皮革のブーツも一部を除きブーツBOXなのでこれも
よしとして。

下駄箱にあるムートン風ブーツなどの冬専用安物ブーツの
手入れをしないといけませんねぇ。1つは丸洗いをしたので
そのまま来年まで放置で問題ないでしょう・・本当は丸洗い
良くないと思うんですけどね。接着剤の劣化が早まるらしい。
ブラッシングはしてあるけど、靴は実際問題、外より中!!

除菌スプレーしてはいるけど、洗ったほうが絶対キレイに
なるし、気分が違う。というわけで迷わず洗いましょう。。
その他の合皮ブーツ類は汚れを落として合皮専用スプレーを
かけて、防水スプレーをして箱にしまおうと考えていますが、
通気性を確保するために箱に穴を開けないといかんです。

でも開けすぎても蛍光灯とかに曝されて退色する恐れがある
ため控えめに・・・手間がかかるけど、その手間が
心地よくもあり。足元も徐々に春モノに移行しつつあります。

圧縮袋って便利ですよ。掃除機使わないやつね。何度も
使えるし、ダウンはやめといたほうが無難かもだけど、
中綿ジャケットとかだったら問題なく圧縮してしまえます。
収納スペースがだいぶ圧縮できて素敵です。

すっかり春めいてきました。

毎日の通勤時の格好も徐々に春めいてきてます。
そんな中、黒いブーツを履いている人をチラホラ
みかけますが、2月に見ると何らも違和感を感じない
のに、3月に見るブーツはなぜか重く見える。

なんででしょうね。ベーシックな黒が重い色に
見えてくる。じゃあ逆に白はどうかといえば、
2月でも3月でも別に違和感を感じることは
ないです。

黒いブーツは11月?2月限定ではくのが良いの
かなと思う。小春日和の温かい日に黒いロング
ブーツはいてる人の足もとを見たとき、申し訳
ないけど「えっ、この暖かいのに黒いロング!?」
と思ってしまった。そのあとにはこう続く。
「暑苦しいし足元重っ!」

はいて悪いとは言わないけど、気候にそぐわない
感じがする。3月にはくなら茶色のほうが黒より
いいと思う。茶色でもコケ茶じゃなくて明るい
茶色。

なんかまとまらないけど、とにかく3月は黒い
ブーツ禁止!

だいぶ前に靴カテの中で紹介したことのある、イトヨで買った
1,400円の靴を、本日長いこと履いてみました。

1,400円の靴記事

柔らかい合皮のローファーで、足が痛くならないんです。
サイズはぴったりで脱げもしないしキツくもない、ちょうど
いい具合です。買った当初は色とデザインが先行して、はき心地は
正直2の次でしたが、コレを履いて長いこと歩き回ったわりに
足がいたくない。

まぁ、ローヒールだから体重のかかりかたとかはそこまで偏らない
でしょうけども、それでも足が痛くなる靴というのはあるのに、
この靴はほとんど痛くならないんです。

んーやっぱ値段だけじゃないっすねぇ。

a7f213fd.jpg
ミネトンカのピンク。柔らかい履き心地です。

826ad9b0.jpg
ピンクの靴ってかわいいよね。

302b6f2e.jpg
足がキレイに見えるミュールです。

7b6991d2.jpg
モードカオリのフリンジ。この形がいいよね。


だいぶ買い揃えてそろそろお腹いっぱいです。。
夏は暑いしムレるのいやだからサンダルになるとは思いますが、
サンダルはそれほどほしいと思えないので1足か2足安いのを
ローテする予定です。やっぱりねー、夏の履物はその年で
履きつぶしたいといいますか。。汗かいて汚れるし、雨とかでも
汚れるし、そもそも構造的に砂入って汚れるし、紫外線で痛むし
なぜか指型に色がつくし。とにかく過酷な環境下ですからねぇ・・

いいものを長く。という考えにはなれないのがサンダル。
クロックスのヒールありタイプでも発売されないかしら?

一つ前の記事でQueenの話に触れましたが、それ以来、
Queenの曲が懐かしくなりしまいこんだCDを引っ張り出して
聴きはじめました。懐かしいという感覚と、高校生当時は
あまり好きでなかった曲が、今になっていいと思えるように
なったりとブーム再燃な状況です。

当時?数日前までは初期Queen派でした。ヴィジュアルに
加えて繊細でオペラちっくな曲調とノーシンセな楽器が
生み出す音と、フレディのキレイな声が好きでした。
このころまでの長髪ルックスが大好きで、これは今でも
変わらないですけど・・・

ちなみに私の初期Queenは戦慄の王女から華麗なるレースまで。
世界に捧ぐ以降のヒゲなしフレディまではまだよかったのに、
なんでヒゲマッチョ路線に走ったんだか・・・正直微妙。
カインドあたりのフレディは好きじゃない。

最後のイニュエンドウの中のI'm going slightly madのPVの
フレディは痩せこけてしまってるけど、初期を彷彿とさせる
色気を感じました。美しいね。被り物のせいか他のメンバーより
若く見えるしかわいくも見える。

で、ここ数日はマッチョ時代のフレディの歌も実は名作だと
気づき、繰り返し聴いています。ショウマストゴーオンとか
好きじゃなかったけど、好きになったし。

年を取って、好みが少し変わりました。愛くるしい顔立ちの
ロジャーテイラーより、今では一貫して目元に色気のある
フレディのほうが好きになりました。ほんと色っぽいよねぇ。

このページのトップヘ